【別紙様式44 に準拠した病理報告書作成用テーブルとフィールド名】

病理診断科診療所(DPJ細胞病理医院)が「保険医療機関間の連携による病理診断」を実施する際に用いている 病理診断報告書作成システム のフィールド名を公開いたします。主キーは症例番号ですが、歴史的な理由(*)から、多くの場合は病理標本番号と共通です。 

 

・診療報酬 13 病理診断 別紙様式44 は、第1 医学管理料 別紙様式11 病理診断に必要となる項目が追加されたものです。テキストデータ以外にも、略図・マクロ写真・切出し図、内視鏡伝票、生検・手術部位写真等が必要です。

・病理44_登録日時、病理診断_登録日時は情報の新規登録・変更を実施した日時です。症例番号_登録日時.xml等を出力しておき、別媒体に記録しておくことで、情報変更証跡を取ることができます。

 

===================

テーブル名:別紙様式44

-------------------

ID

受付日時

症例番号(主キー)

様式11_紹介先_医療機関名

様式11_紹介先__医療機関コード

様式11_紹介先_担当医科目

様式11_紹介元_科名コード

様式11_紹介先_担当医氏名

様式11_紹介元_紹介状年月日

様式11_紹介元_医療機関名

様式11_紹介元__医療機関コード

様式11_紹介元_医療機関住所

様式11_紹介元_医療機関電話番号

様式11_紹介元_医師名

様式11_患者_氏名

様式11_患者__カナ氏名

様式11_患者_ID

様式11_患者_住所

様式11_患者_郵便番号

様式11_患者_電話番号

様式11_患者_性別

様式11_患者_生年月日

様式11_患者_年齢

様式11_患者_職業

様式11_患者_傷病名

様式11_患者_紹介目的

様式11_患者_既往歴および家族歴

様式11_患者_症状経過および検査結果

様式11_患者_治療経過

様式11_患者_現在の処方

様式11_患者_備考メモ

様式11_備考_添付

様式11_備考_画像診断フィルム

様式11_備考_検査の記録

病理44_連携病理診断患者説明

病理44_採取部位所見・略図

病理44_材料写真

病理44_採取日・手術日

病理44_提出臓器標本枚数等

病理44_感染症

病理44_診断に際しての要望

病理44_備考メモ

病理44_内視鏡・生検部位写真

病理44_切出し図

病理44_標本番号

病理44_追加標本番号

病理44__オーダーリング番号(*2)

診療録_公費負担者番号

診療録_被保険者証記号・番号

診療録_保険者番号

診療録_公費負担医療の受給者番号

診療録_患者の被保険者との続柄

診療録_被保険者証・被保険者手帳_有効期限

診療録_被保険者名

診療録_被保険者名_資格取得

診療録_事業所(船舶所有者)_所在地

診療録_事業所(船舶所有者)_所在地_電話番号

診療録_事業所(船舶所有者)_名称

診療録_保険者_所在地

診療録_保険者_所在地_電話番号

診療録_保険者_名称

病理44_登録日時

 

===================

テーブル名:病理診断

-------------------

ID

症例番号(主キー)

病理診断_病理標本_材料臓器所見メモ

病理診断_病理標本_組織所見メモ

病理診断_病理標本_規約等メモ

病理診断1_臓器

病理診断1_診断

病理診断1_T

病理診断1_M

病理診断2_臓器

病理診断2_診断

病理診断2_T

病理診断2_M

病理診断3_臓器

病理診断3_診断

病理診断3_T

病理診断3_M

病理診断メモ

病理診断コメント

病理診断__1

病理診断__2

病理診断__3

病理診断__4

病理診断_病理医名

病理診断_報告種別

病理診断_登録日時

------------------------

2017/06/18 作成

 

========================

(*) 病理診断の独立

診療報酬点数表で病理学的検査から病理診断が独立したのは2008年。病理診断を保険医療機関間の連携によって行えるようになったのが2012年。保険医療機関である病理診断科診療所が連携病理診断が実施可能になったのが2016年です。2018年に診療情報提供料等の課題が解決すると、「すべての病理診断を医療機関で行う」ことができるようになり、地域医療における病理診断体制の絵姿が完成することになります。

(*2)オーダーリング番号

別紙様式44にはない項目です。内視鏡管理システム(たとえばオリンパス社SOLEMIO-ENDO)PDF等報告書データを返却する場合やN006の会計処理等に必要になります。医療機関間の連携のためであり、検査外注システム等LISとの連携のためではありません。

 

(c)SHIMADA, DPJ, 2017  (この記事によって生じた不具合事項については免責とさせていただきます。自己責任で用いてください。商業目的での使用は推薦しません)

(初稿:2017/09/18 改訂:2017/09/19